ニキビの種類は?

Fotolia_79659586_Subscription_Monthly_M

ニキビは状態によって症状は変化しますが、大きく分けると白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの4つに分けられます。

それぞれ、お肌の状態が違うのでお手入れの方法が変わります。
その違いを知らないでただ、闇雲にお手入れしても改善しないばかりか余計にひどくなる事も考えられます。

まずはニキビの正しい知識を学んでおきましょう。

また、ニキビの予備軍としては角栓またはコメドと呼ばれる物があります。
角栓、またはコメドはニキビの芯になる物ですが、これは過剰に分泌された皮脂と古い角質が一緒になって作られます。
実はこの角栓、またはコメドが毛穴を詰まらせる原因になります。

白ニキビと黒ニキビ

毛穴が詰まって、表に出れなくなってしまった皮脂は表皮の下に溜まってしまいます。
そして、これが白ニキビと黒ニキビの原因になります。
毛穴が閉じたまま、皮脂が大きくなり、盛り上がってきます。
そして、表皮から白くぽつんと見えるのが白ニキビ、これは表皮の下の皮脂の塊が見えているわけです。また、詰まった皮脂が毛穴を押し広げ、皮脂が空気に触れて酸化する事で黒く変色した状態が黒ニキビです。

赤ニキビ

毛穴がふさがってしまうと皮脂が栄養になり、ニキビ菌が繁殖し始めます。
この時にニキビ菌が皮脂を分解し、刺激のある物質を作ってしまいます。
この刺激でお肌が炎症を起こします。
これが赤く腫れた状態のニキビ、いわゆる赤ニキビです。
赤く見える原因はお肌が炎症を起こしている為です。

黄ニキビ

赤ニキビの炎症が進むと毛穴の周りの組織が破壊されます。
そして、そのダメージは真皮にまで届きます。
そうするとお肌が凹んだり、化膿を起こしたりします。
これが黄ニキビの状態です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_85173270_Subscription_Monthly_M

2015.8.18

ニキビ跡におすすめのピーリングは?

ピーリングは自宅で気楽にできるスキンケアとして非常に人気です。 ピーリングとは元々は英語で「剥ぐ」「取り去る」という意味です。 つまり、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る