ニキビと間違いやすいマラセチア毛包炎って?

Female Doctor Examining Pigmented Skin With Dermatoscope

「一生懸命ニキビケアをしているのにいっこうに良くならない。。」
こんな場合は実はニキビではない可能性があります。

見た目にはにきびのように見えても実はそうじゃない場合があるんです。
例えば「マラセチア毛包炎」や「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」、「めんちょう」など。

これらがニキビではないので、ニキビ用のケアをしても良くなる事がありません。
それどころが場合によっては余計に悪化する場合もあるので要注意です。

ここでは、ニキビと間違いやすい「マラセチア毛包炎」についてご紹介します。
ニキビケアをしているのになかなか良くならない方は一度参考にしてみてくださいね。

マラセチア毛包炎とは?

マラセチア毛包炎とはマラセチア菌と呼ばれる菌が繁殖する事で毛穴が炎症を起こす症状です。
マラセチア菌は基本的にはどこにでも存在する、いわゆる常在菌と呼ばれる物です。
日本では別名「癜風菌(でんぷうきん)」とも言います。

胸部や背中、肩、腕、首、額などに赤い発疹のような物ができて痒くなります。
大きさはニキビより若干小さく、また大体同じくらいの大きさができるのが特徴です。

また、発疹している場所に膿が貯まる事があるのでこれもニキビによく似ていますね。

このマラセチア毛包炎は年齢、性別に関係なく誰もがかかる可能性があります。
ただ、かかりやすい時期があり、梅雨時期のような高温多湿の汗をかきやすい時期はかかりやすいと言われています。

また女性はメイクを落とさないで寝てしまうとメイクの脂肪分がマラセチア菌が繁殖する原因になるので注意しましょう。

マラセチア菌はカビの一種、いわゆる真菌です。
それに対してにきびはアクネ菌と呼ばれる細菌です。

ですから、にきびに効果がある薬はマラセチア菌には全く効果はありません。
これがニキビケアを一生懸命しても効果がない理由ですね。

ですので、もし、ニキビケアをしてもなかなか良くならないならマラセチア菌が原因である事を疑ってみる必要はあると思います。

ちなみにマラセチア毛包炎の予防はまず、清潔を保つ事、その為に汗をかいたらこまめにシャワーを浴びるようにしましょう。

そして、一番大切な事はまず、皮膚科で診察してもらう事です。
もし、本当にマラセチア毛包炎なら、抗真菌外用薬を処方してもらうのが一番効果的です。

カビの発育を抑えてくれる薬ですが、とても効果がある薬なので、これを塗る事で、お肌の悩みは解決するかもしれませんよ。

以上今回はニキビと間違いやすい「マラセチア毛包炎」についてでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Aroma oil Esthetic

2015.12.21

背中ニキビは保湿が大切

背中ニキビを改善には保湿が最も大切です。 乾燥がニキビの原因になる事はもうご存知だと思います。 お肌は乾燥すると過剰な皮脂を分泌し、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る