にきびのでき方は?

Types of acne pimples. Healthy skin, Whiteheads and Blackheads, Papules and Pustules

「ある日突然、にきびが出来てしまった」
こんな風に思うかもしれません。

確かに目に見えて気づくのは突然かもしれません、でも、実はそうではありません。

にきびが出来てしまうにはその過程があります。
その過程を知っておくことはにきび予防やにきび跡を残さない為にはとても大切な事です。

1.毛穴の出口の角質が厚くなり塞がる
にきびが出来てしまう一番最初は毛穴の出口の周りの皮膚が厚くなり、毛穴が塞がってしまう事です。
毛穴が塞がると中に皮脂が詰まっていきます。

2.コメドができる
毛穴に皮脂が詰まった物をコメド(面疱)と言います。
この段階で上手く芯だけを押し出す事ができれば、跡にならずに綺麗に治る可能性もあります。
コメドにはオープンコメドとクローズドコメドの2つの種類があります。

オープンコメドは毛穴の出口が少し開いている物で黒くぶつぶつが目立つ事から黒にきびとも呼ばれます。
クローズドコメドは毛穴の出口が塞がってしまっている物で、出口が無いので、ひどい炎症になる可能性があります。

3.炎症が起こる
アクネ菌が皮脂を栄養分して繁殖していきます。
その結果、皮膚が炎症を起こし、外から見ても赤い状態になります。
いわゆる赤にきびと呼ばれる物です。

4.炎症が悪化し、膿がたまる
血液中の白血球がアクネ菌と戦った結果、毛穴の中は炎症がひどくなり、膿がたまる状態になります。
おできのように膨れ、炎症性にきびと呼ばれる物です。

5.炎症が毛穴の周りに広がる
アクネ菌と白血球の戦いがひどくなると毛穴の壁を壊してしまう事があります。
こうなると、かなりの痛みを伴い、広範囲で炎症を起こすことになります。
硬結にきびと呼ばれる状態で、表面には熱を持ち、硬いしこりのような物が出来てしまいます。
複数の毛穴にまたがってしまう事もあります。

6.膿が出る、または吸収される
炎症を起こした膿が外に排出されます。
排出されない場合はゆっくりと中で吸収されてしまいます。

7.にきび跡ができる
炎症が治まってもにきびの跡が残ります。
にきび跡の程度は炎症がどれぐらいひどかったかによって変わります。
また、個人差があり、少しの炎症でも跡が残る人もいればかなりひどい炎症でも跡が残らない人もいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Preparation of bride

2015.12.14

背中ニキビを結婚式までに!

背中ニキビを結婚式までに何とか綺麗にしたい! そんな女性の方は多いと思います。 一生に一度の晴れ姿です。 背中ニキビが気になっていたら…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る