にきびができる原因はアクネ菌?

Young  woman with pimple on her face

皮脂が多いとにきびができる?
アクネ菌がにきびの原因?

こんな風に思っている方が多いのですが、本当の原因はそうではありません。
確かにアクネ菌が毛穴の中で繁殖し、炎症を起こさせる事が要因の一つではありません。

ですが、アクネ菌は皮膚の常在菌で、お肌の表面のバランスを保つ働きをしてくれるとても大切な菌です。
ですから、洗顔などでアクネ菌を必要以上に殺菌してしまう事はかえって肌トラブルを引き起こす事にもなるんです。

また皮脂についても同様です。
お肌の潤いを保つためには非常に大切な物です。

では、にきびの本当の原因は何なんでしょう?
それは体内のホルモンが乱れる事なのです。

ストレスや食生活の乱れ、寝不足などはにきびができやすいと言われますが、これらは体内のバランスを崩す大きな要因だからです。

急ににきびが出来ると「今までできなかったのにどうして急に??何が原因?」と原因を究明したくなる気持ちもわかります。

原因が分かれば、改善すれば治ると思いがちですよね。
ですが、にきびの本当の原因は複雑で簡単に分かる物ではないんです。

ただ、先ほどもご紹介したように、何らかの影響で体内のホルモンバランスが崩れ、免疫機能が低下した為にアクネ菌の繁殖を抑える事が出来なくなっている事は確かです。

ですから、身体の内側のバランスを整え、免疫機能を高めて上げる事がにきびを解決する根本的な方法と言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_85173270_Subscription_Monthly_M

2015.8.18

ニキビ跡におすすめのピーリングは?

ピーリングは自宅で気楽にできるスキンケアとして非常に人気です。 ピーリングとは元々は英語で「剥ぐ」「取り去る」という意味です。 つまり、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る