ステロイドはニキビに効果アリ?

a tube of white color on a white background

皮膚疾患に使う薬の1つにステロイドがあります。
ステロイドについては賛否両論ありますが、実際に様々な場面で使われています。
ステロイドは元々は「副腎」と呼ばれる臓器で作られる副腎皮質ホルモンと呼ばれるホルモンの1つです。
ただ、薬として使われるステロイドは科学的に作られた物です。

ステロイドには皮膚の炎症を抑えたり、免疫機能を抑えたりする働きがあり、この効果が薬として使われます。
ステロイドの多くは塗り薬として使われ、即効性があるのが特徴の1つです。
ただ、ステロイドは根本的な治療というよりはあくまでも、対処療法としての効果しかありません。
また、副作用もあるので使用には注意が必要です。

さて、このようなステロイドですが、ニキビには効果があるのでしょうか?
結論から言うと、炎症を起こしているようなニキビには効果は期待できます。
いわゆる、赤ニキビや黄ニキビようなニキビです。
逆に白ニキビのように皮脂が毛穴に詰まっているだけの状態にはほとんど効果は期待できません。

これはステロイドの持っている働きが「炎症を抑える」また「免疫力を抑える」である事を考えるととても自然な事ですね。

ただ、赤ニキビの場合でもステロイドには副作用がある事も知っておきましょう。
その一つは一時的にニキビが治っても、その後、ニキビが逆に出来やすくなってしまう事です。
その理由はステロイドには免疫力を抑える働きがある為でステロイドを皮膚に塗る事で、その皮膚の免疫力が下がってしまうからです。

皮膚の免疫力が低下するとニキビの原因であるアクネ菌はもちろんの事、様々な細菌や雑菌が繁殖しやすくなります。
その為に、結果、ニキビができやすい肌になってしまうのです。

さらにステロイドは細胞の生まれ変わりを抑制する副作用も持っています。
その為に皮膚が薄くなったり、血管が浮き上がって見えたりする事もあります。

このようにステロイドには炎症を抑える即効性がありますが、同時に非常に危険な副作用があります。
ですので、極力ニキビには使わない方が良い薬と言えるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_44615139_Subscription_Monthly_M

2015.7.26

二の腕のブツブツを治す薬

女性の4人に1人が悩んでいると言われる二の腕のブツブツ。 早い人だと、小学生の頃から出てくるそうです。 実はこの二の腕のブツブツ、放置し…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る