LEDでニキビケア

led portable light, wearable camera, actioncam, vector illustration

LEDと言えば、発光ダイオードと呼ばれる半導体の事ですが、最近では非常にたくさんの照明で使われるようになりました。
このLEDには照明だけではなく、「虫が寄ってこない」「発熱しにくい」などの様々な特徴がありますが、実はニキビケアにも効果があるのはご存知でしょうか?
最新のニキビ治療にはLEDが使われる治療もあるんです。

ニキビ治療に効果があるLEDは?

一口にLEDと言っても実は色にいくつかの種類があります。
青、赤、黄、白、橙、緑、ピンクなどです。
それぞれの目的に応じて色は使い分けられますが、にきび治療で使われるのは青と赤のLEDです。
【青色LED】
青色のLEDにはニキビの原因であるアクネ菌を殺菌する働きがあります。
アクネ菌は青色LEDを浴び続けると酸化してしまうのでこれが殺菌につながります。
また、それ以外にも青色LEDには皮脂の分泌を抑える働きも持っています。
皮脂の分泌を抑え、アクネ菌を殺菌する事でニキビ治療に繋がるわけですね。

【赤色LED】
赤色LEDには免疫機能を高める働きがあります。
その為に、炎症を起こした赤みを改善する効果が期待できます。
ただ、その効果はそれほど、大きな物ではないので、赤色LEDはあくまでも青色LEDの補助として利用される事が多いようです。

LED治療はどこで受けれる?価格は?

ニキビのLED治療は美容皮膚科で受ける事ができます。
医師による診断後、20分程度LEDを当て治療します。
ちなみに治療費は1回5,000円程度、6回コースが一般的なようです。

家庭で行えるLED治療

最近は家庭でもニキビ用LED治療が行える器具が販売されています。
価格は様々で安い物なら数千円、高い物なら10万円の物まであります。

⇒ Amazon LEDニキビ治療

レビューをチェックすると5,000円程度でも十分効果が実感できるアイテムがあるようなので、興味をお持ちの方は一度試してみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

SONY DSC

2015.9.28

毛孔性苔癬の市販薬なら

二の腕にブツブツが出来る事がありますが、これはニキビではなく毛孔性苔癬である可能性があります。 少し難しい漢字ですがこれは「もうこうせいた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る