ニキビ跡の色素沈着にはハイドロキノンが効果的

肌荒れが気になる女性

ニキビ跡が残ってしまう原因のほとんどが色素沈着です。
ニキビが原因で色素沈着してしまうケースには紫色と茶色になる2つのケースがあります。

紫色になってしまうケースは真皮が傷つけられ、毛細血管が破裂し、血液中のヘモグロビンが周りの組織に広がったケースです。

それに対して茶色のケースはニキビの炎症から肌の細胞を守るためにメラニンが過剰に作られてしまったケースです。

いずれにしても色素沈着すると後々まで色濃く残る可能性があり厄介です。
本来、お肌のターンオーバーが正常に活発に行われていればだんだん薄くなっていくはずですが、皮膚がダメージを受けていたり、新陳代謝が低下している色素沈着がなかなかなくなりません。

そんな時に効果的なのが「ハイドロキノン」
美容に詳しい方なら聞いた事があるかもしれませんね。

この成分はビタミンCの約100倍の美白効果があると言われる優れものです。
メラニンにも効果が絶大で、なかなか治ってくれないニキビ跡にも抜群の効果を発揮してくれます。

ハイドロキノンはメラニン色素を作り出す酵素の働きを抑えてくれ、さらにメラニン色素に対して還元作用があるので、シミや色素沈着を薄くしてくれるのです。

紫色、または茶色に色素沈着してしまったニキビ跡でお悩みの方は試してみる価値は十分にある成分です。

ハイドロキノンを使うには?

ハイドロキノンを使うには2つの方法があります。
1つは皮膚科で処方してもらう方法。

病院に言って、医師にハイドロキノンが配合されたクリームを処方してもらえれば使用する事ができます。

もう1つはハイドロキノンが配合された化粧品を選ぶことです。
こちらは処方してもらう手間がなく、手軽に試してみる事ができますね。

ちなみにハイドロキノン配合の化粧品をいくつか紹介すると。

⇒ オバジ (OBAGI)クリア

オバジと言えば、ビタミンC配合の美容液が有名ですが、色素沈着やシミには効果がありませんが、ハイドロキノン配合の物なら効果が期待できます。

⇒ AMPLEUR(アンプルール)

こちらは新安定型のハイドロキノンが配合された新しいタイプの化粧品。
ハイドロキノンの欠点だった不安定さが解消された日本の皮膚科医と共同開発されたドクターズコスメ。

ハイドロキノンは色素沈着にとても効果が期待できるありがたい成分ですが、注意することもあります。
それは紫外線です。

ハイドロキノン使用中に紫外線を浴びると逆に色素沈着が起こったケースもあります。
使用中のUVケアは特に注意してください。

まだ、そうでなくても一度色素沈着してしまった部分は繰り返し色素沈着してしまう可能性が高いと言われます。
定期的に丁寧なお手入れが大切ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Aroma oil Esthetic

2015.12.21

背中ニキビは保湿が大切

背中ニキビを改善には保湿が最も大切です。 乾燥がニキビの原因になる事はもうご存知だと思います。 お肌は乾燥すると過剰な皮脂を分泌し、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る