化膿ニキビには抗生物質が効果的

picture of doctor hands giving white pills and glass of water

白ニキビ、赤ニキビなどの状態はまだ、炎症が酷くないので、化粧水や美容液などを使って自分でケアする事ができます。
ところが、この状態を超えて進行してしまった化膿ニキビは自分でケアする事はとても危険です。

刺激によって、余計に菌が活発化し、周りの皮膚の組織を壊す可能性があるからです。
そうなると後々ニキビ跡が残る事は免れません。
場合には凹凸の残るクレーターになる事も覚悟する必要があるでしょう。

化膿ニキビの処置で一番大切な事は早急に炎症を静めることです。
それには病院で抗生物質を処方して貰う事が一番です。

抗生物質とは炎症の原因である菌の増殖を抑え、治療してくれる薬です。
これによって、化膿ニキビの炎症を抑えるのが一番効果的な方法です。

その為にも、にきびが化膿してしまったら、まずは早めに病院で診療して貰う事が一番良いですね。
ただ、抗生物質も万能ではありません。
一番注意するべき事は副作用の可能性がある事、そして、菌が耐性を持ってしまう可能性がある事です。
その為に、抗生物質を頻繁にまたは、長期的に使用すると副作用のトラブルが現れたり、効果が無くなってしまったりします。

そのような事を踏まえ、抗生物質はあくまでも急な場面に一時的に使用する物と認識しておきましょう。
やはり、一番大切な事はニキビが出来にくい健康なお肌を育てることですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_83074264_Subscription_Monthly_M

2015.9.16

背中ニキビを治す飲み薬は?

実は背中ニキビには飲み薬やサプリメントがとても効果的です。 その効果を経験した事がない方にとっては飲み薬やサプリメントが背中ニキビに効果が…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る