化膿ニキビの治し方

Fotolia_62585921_Subscription_Monthly_M

化膿ニキビは毛穴に溜まったアクネ菌が炎症を起こしている赤ニキビが進行してしまった状態です。
皮膚の中では膿が貯まり、痛みを伴っていると思います。
この状態になるとアクネ菌だけではなく、黄色ブドウ球菌までもが繁殖しており、周りの皮膚組織を破壊していきます。
その為に早急に治療することが大切です。
また、化膿ニキビを潰してしまうと後々クレーター状のニキビ跡が残る可能性が非常に高いので絶対に潰さないようにしなくてはいけません。

化膿ニキビの治し方は?

化膿ニキビで最も大切な事はできるだけ早く炎症を沈静化させる事です。
できるだけ刺激せず、自然に沈静化するのを待つ方法もありますが、それよりも一番良いのは皮膚科で診察してもらい、抗生物質を処方してもらう事です。また膿を抑える外用薬を利用する方法もあります。
いずれにしても、この状態では一般的なニキビ薬ではかえって症状を悪化させてしまう可能性もあるので、できるだけ医師に診てもらうのがおすすめです。

また、最近では皮膚科クリニックの中でも漢方を取り入れているところもあるようです。
荊芥連翹湯、十味敗毒湯、半夏瀉心湯などが使われるのが一般的です。
漢方はリスクが非常に低く、また他の治療法と併用できるのが長所です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

SONY DSC

2015.9.28

毛孔性苔癬の市販薬なら

二の腕にブツブツが出来る事がありますが、これはニキビではなく毛孔性苔癬である可能性があります。 少し難しい漢字ですがこれは「もうこうせいた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る