にきびと吹き出物の違いは?

Fotolia_71513705_Subscription_Monthly_M

にきびと吹き出物、どちらもお肌に出来物ができるトラブルですが、この2つ何か違いがあるのでしょうか?

実は症状自体には何も違いがありません。
ただ、一般的には10代の思春期に出来る物を「にきび」
20代になってできる物を「吹き出物」と呼ぶようです。

また、20代を超えると大人にきびと呼ぶ事もありますよね。
つまり、大人ニキビ=吹き出物と言えるわけですね。

いずれにしても基本的な原因は同じです。
体内のホルモンバランスが崩れる事で皮脂の分泌が活発になり、それがアクネ菌を繁殖させる原因になって炎症を起こしてしまうわけです。

ただ、「思春期のにきび」と「大人ニキビ=吹き出物」では決定的に違う事があります。

それは大人にきびは繰り返しやすいと言う事です。
と言うのは思春期は子供から大人に変わる途中なのでホルモンのバランスも大きく変わります。
そして、20代に近づくにつれてだんだん安定してきます。
その為に、思春期のにきびは自然と収まっていく事が多いのです。

ところが大人ニキビの場合はそうではありません。
思春期のホルモンのバランスの崩れではなく、ストレスや生活習慣などが原因で継続的にホルモンバランスが崩れているのです。

その為に一時的な物ではなく、何度も繰り返してしまう可能性が高いのです。
逆に言えば大人ニキビの場合は根本的にホルモンのバランスを正常に戻してやらなければにきびは無くならないとも言える訳です。

これが大人にきびが厄介な理由でもあるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_55805184_Subscription_Monthly_M

2015.6.13

にきび洗顔で人気のアイテムは?

ニキビ用の洗顔料、驚く程の数が市販されていますよね。 それだけにきびでお悩みの方が多いと言う事なんですが、その中にはただ洗浄力が強く皮脂を…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る