あごにきびに良い食べ物は?

Fotolia_79418864_Subscription_Monthly_M

あごにきびの原因の1つが内蔵の疲れ。
胃腸が疲れているとあごにきびはできやすいのです。

暴飲暴食などで胃腸が疲れると消化不良を起こしがち。
そうなると栄養をしっかりと吸収することができずに新陳代謝や免疫力が低下します。

これがお肌に影響してニキビができてしまうんですね。
また、胃腸が疲れていると便秘にもなりがちです。

便秘になると食物が腸の中で腐敗し、有害物質ができてしまいます。
これがだんだんと血液に溶け出し、毛穴などから排出されます。

この刺激によってニキビができてしまうわけです。
このような胃腸の疲れが原因のにきびは顎にできやすい傾向があります。

つまり、あごにきびができやすい方は内蔵や胃腸の疲れが原因である場合が考えられます。
逆に言えば、内蔵や胃腸の調子を整えてあげる事であごにきびはできにくくなる可能性が高いと言う事です。

あごにきびに良い食べ物は?

胃腸の調子を整えるには暴飲暴食をやめて、しっかりと咀嚼して食事するようにしましょう。
また、肉類や揚げ物、甘い物は少し、控えるようにします。
ちなみにあごにきびに良い食べ物を下記に紹介します。
あごにきびでお困りの方は積極的に食べるようにしてくださいね。

ビタミンB2
レバー、うなぎ、牛乳など
ビタミンB6
レバー、カツオ、まぐろ
ビタミンC
柿、柑橘系、ブロッコリー、ほうれん草
食物繊維
野菜、きのこ、海藻類

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_85173270_Subscription_Monthly_M

2015.8.18

ニキビ跡におすすめのピーリングは?

ピーリングは自宅で気楽にできるスキンケアとして非常に人気です。 ピーリングとは元々は英語で「剥ぐ」「取り去る」という意味です。 つまり、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る