クレーター肌を防ぐ対策は?

Squeezing pimple blackheads from the nose with finger nails

ニキビが酷くなると毛穴の周りの皮膚の組織までも壊してしまう事があります。
こうなるとニキビが治った後でも凹凸が目立ってしまいます。
いわゆるクレーター肌と呼ばれる状態です。

クレーター肌になってしまうと自分で治す事はもちろんの事、美容クリニックでレーザー治療などを施術してもらってもなかなか治る事は難しいのが現実です。
治るクレーター肌もあれば、治らないクレーター肌もあります。

いずれにしても、短期で治る事はありません。
長期的に治療を続ける必要があります。

つまり、クレーター肌はなってしまっては手遅れとも言えます。
その為に、クレーター肌にならないようにケアする事がとても大切です。

そこで必要なのが正しいニキビケアの方法です。
間違ったニキビケアの為にニキビをひどくしている方が非常に多いんですね。

ニキビが気になる方はクレーター肌にならないように正しいニキビケアを実践するようにしましょう。

間違ったニキビケアは?

・ニキビを潰す
まず、「ニキビは潰さない」これは基本中の基本です。
特に赤ニキビは絶対に触らないようにしましょう。
ニキビができるとニキビの中には酸化物質が溜まっています。
ところが、にきびを潰す事でこの酸化物質が皮膚から外に出ないで皮膚の中にとどまります。
これが余計に炎症を広げてニキビは酷くなってしまいます。
・洗顔しすぎる
皮脂が多く分泌されるとそれだけ毛穴が詰まりやすくなります。
余分な皮脂が分泌されないように注意する必要があります。
ところが、皮脂を嫌がって洗顔をしすぎるとお肌は刺激を受けて余計に皮脂を分泌させます。
これがニキビの原因になります。
洗顔はし過ぎないように注意しましょう。
・界面活性剤を使う
市販されている洗顔料には界面活性剤が配合されている物が多数ありますが、これらを使って洗顔を続けていると角質層までもが洗い流され、お肌のバリア機能が低下します。
この状態は余計に皮脂を分泌されるのでニキビができやすい状態になります。

クレーター肌になりやすいお肌は?

・皮膚が硬い
皮膚が硬く、ゴワゴワしているお肌の方は要注意です。
クレーター肌になりやすいお肌です。
・炎症を起こしやすい方
クレーター肌はニキビの炎症が原因です。
小さな傷でも炎症を起こしやすい方はクレーター肌になりやすいと言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Back of oil massage

2015.11.30

背中ニキビの跡にはケミカルピーリング?

背中ニキビのケアと言えば、ケミカルピーリングという方法があります。 背中ニキビのケアにもいくつか方法がありますが、このケミカルピーリングは…

おすすめ記事

  • Fotolia_102787237_Subscription_Monthly_M

    2016.6.21

    HACCI はちみつ石鹸

    はちみつがニキビにとても効果的なのはご存知でしょうか? はちみつは殺菌力、保湿…

  • Fotolia_47706289_Subscription_Monthly_M

    2016.1.18

    敏感肌のニキビは?

    敏感肌の方のニキビは本当に大変です。 敏感肌の方はそもそもお肌のバリア機能が弱…

  • 5.17

    2015.5.17

    アットノンがニキビ跡に効く?

    小林製薬から市販されている「アットノン」 傷跡ややけどの跡を改善してくれるジェ…

ページ上部へ戻る