ニキビ跡のクレーターを治療するには?

Closeup of caucasian teenager with severe acne on cheeks, focus on lips and mustache

ニキビが悪化し化膿してしまうとニキビが治ってもその部分が陥没して跡が残る事があります。
いわゆるクレーターと呼ばれる凹凸ですね。

ニキビの炎症がひどくなると毛穴の周辺の組織やさらにその奥の神秘まで広がることがあります。
このような状態になると皮膚は真皮のダメージを改善しようとしてコラーゲンを異常に生成します。
この異常に生成されたコラーゲンを瘢痕組織と呼びます。
実はニキビ跡のクレーターはこの瘢痕組織が大量にできてしまった状態なのです。

凹凸ができてしまうとどうしても目立ってしまいますし、これがコンプレックスになる方もおられます。
では、このクレーターのニキビ跡を治すにはどうしたら良いのでしょう?

残念ながら、自宅でこのクレーターを治すのはとても難しいのが現実です。
軽度のクレーターであれば、お肌のターンオーバーが繰り返される事で自然に消えて行く事もありますが、深いクレーターになると専門的に治療しないと元に戻すのは非常に難しいと言われています。

美容クリニックではレーザー治療などの皮膚を再生させる治療法があります。
ところが、これらの治療法も良い事ばかりではありません。

基本的にレーザー治療は凹凸ができている箇所に小さな傷をつけ、その傷が治る時の再生能力によって凹凸が治る事を目的とします。
ですから、絶対に凹凸がなくなる確約があるわけではありません。
少なからず皮膚を傷つけるのでお肌が弱い方や敏感な方にはお勧めできません。

また、治療費用が高いのも短所ですね。
高い治療費を支払っても治らない事もあるわけですから。

いずれにしても、クレーターができてしまった場合は長期的な治療を考える必要があります。
一番安全で確実は方法はやはりお肌のターンオーバーを活性化し、自然治癒の速度を早める事です。
徹底した保湿ケアを行い、男性ホルモンの分泌を抑えます。
そうする事でバリア機能が回復し始めます。
バリア機能が回復すればターンオーバーは正常になり、肌トラブルは自然と改善されていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_77214907_Subscription_Monthly_M

2015.6.15

葉酸がニキビに効く?

葉酸ってご存知でしょうか?葉酸は水溶性のビタミンB群の一種。 タンパク質や核酸に働きかけ、細胞を作ったり再生したり、体の発育を促進してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る